美甘麗茶のおすすめアレンジ方法!さらにおいしく飲んじゃおう♪

美甘麗茶はどんな味がするのでしょう。

 

ノンシュガー、ノンカフェイン、ノンカロリーというお茶が美甘麗茶です。

 

砂糖も使っていないのに、砂糖3杯分もの甘さがあるんですよ。
でも、驚くのは人工甘味料は一切使っていないんです。

 

「甘茶」という自然のものから、甘みを出しています。
人工的な成分は、一切使われていません。

 

だからこそ、
「一体どんな味がするのだろう。」
と気になります。

 

美甘麗茶は、香ばしい香りがします。
飲んでみると紅茶のような甘さを感じますよ。

 

ただし、砂糖で味付けしたような甘さではなく自然な甘さが特徴です。

 

黒豆も使われているので、甘さを感じた後に黒豆の香りが残ります。

 

美甘麗茶のおすすめの飲み方を紹介しますね。

 

ただ、飲むだけじゃもったいないですよ。

 

朝まだ、体も頭も起きていないときに美甘麗茶を飲んで、体を目覚めさせましょう。

 

自然な甘さのお茶ですから、パンにも和食にもあいます。
紅茶変わり、パンと一緒に飲むのもいいですね。

 

ランチの後には、デザートが欲しくなります。
そんなときは、デザート代わりに美甘麗茶を飲んでみてください。

 

砂糖3杯分の甘さがありますから
「甘いものを食べたい!」
という欲求を、美甘麗茶を飲むだけで叶えてくれます。

 

食後のコーヒーやジュースを美甘麗茶に変えるだけで、大幅なカロリーオフになります。
それでいて、満足感もありますからいうことありません。

 

デザート代わりになるということは、3時のおやつ代わりにもなるということです。
いつもは、甘いものを間食していたのなら、美甘麗茶を飲みましょう。

 

ノンカロリーですから、おやつ分のカロリーを制限できます。

 

寝る前には、温めた美甘麗茶がおすすめです。

 

ノンカフェインですから、寝る前に飲んでも問題ありません。
温かい美甘麗茶を飲むことで、体がリラックして、ぐっすり寝ることができます。

 

このように1日の中で自然に美甘麗茶を取り入れることができます。

 

次に美甘麗茶のアレンジ方法も紹介しますね。

 

お茶ですけど、アレンジの仕方によって変化を感じながら飲むこともできますよ。

 

例えば、冷え性の人におすすめなのが「ジンジャーティー」です。

 

美甘麗茶に、生姜を入れます。
この時の生姜は、すりおろしてもスライスのものでもOK!

 

作りおきするときは、スライスした生姜を入れておくといいですよ。
すりおろした生姜の場合は、ホットがおすすめです。

 

美甘麗茶と生姜はとても相性もよく、体もポカポカ温まります。

 

私が今気に入っているのは、100%ジュースと美甘麗茶を混ぜることです。
オレンジジュースや、りんごジュース、ぶどうジュースなど。

 

特にオレンジジュースの美甘麗茶割りはスッキリとして、とても飲みやすいんです。

 

100%ジュースと美甘麗茶の組み合わせは、朝食にもピッタリです。

 

朝食代わりに飲んでもいいですよね。

 

あなたも、自分にピッタリの飲み方を見つけてくださいね。

 

美甘麗茶の購入方法については【お試しコースは初めての人にもおすすめ!だっていつでも休止OK】を読んでくださいね。